スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

或る日のパン屋(てとて)

.16 2013 パン comment(4) trackback(0)
tetote101.jpg

珍しくパンの記事を連続で



スポンサーサイト

或る日のパン屋(こっくんおかんの店)

.12 2013 パン comment(4) trackback(0)
okan101.jpg

吉井川の川縁を前へ前へ


近場の難所(花まるぱん工房)

.03 2012 パン comment(2) trackback(0)
hanamarupan101.jpg

"ぱん"の看板って天神町以外にもあったのね



りりーさんからてるおさんへ(TERUO)

.12 2011 パン comment(6) trackback(0)
teruo101.jpg

今年の春まで瀬戸町に「Lily Boulange」というパン屋があり、
以前の記事にも書いたが家人の知り合いということもあってよく利用していた
最近になって場所も名前も変えて営業していると聞き、
朝ラーに出掛けた足で向かう

小麦の風 Compania

.30 2009 パン comment(3) trackback(0)
四月が終わってしまいますなあ。
斉藤くんがさっそくおみやのレポを上げてくれたので、その日のネタを。

この日は香川で
01kirin_nyuun.jpg  02hayuka_nyuun.jpg  03country_nyuun.jpg
にゅ~~んとしておったのですが、



2007年の書き残し(Lily Boulange)

.09 2007 パン comment(2) trackback(0)
なんとまあ、12月ではないですか。
食べに行って写真を撮っただけ状態のネタが多数ありますゆえ、
年越しさせるのも何なので勿体付けずアップしていきます。

工房というより工場。

.22 2007 パン comment(2) trackback(0)
最近パン屋の話を書くのがはやってるみたいなのでw、県外ネタをひとつ。

Papaberuの1

高松市にある「石窯パン工房PaPaBeRu」。
讃岐うどんツアーのおまけに、女子勢のリクエストで行ってみた。
ここはかなりの人気店だそうで、特にカレーパンは並ぶそばから飛ぶように売れて行くらしい。
その数、一日に1000個以上(!)とか。

店内で待っていると、お姉さんがカレーパンを山と積んだ盆を運んできた。
置かれると同時にあちこちからトングが伸びて、みるみる山が小さくなっていく。
潰さないように気を付けながら2個つまみ上げた。
その他のパンを3つ買ってレジでお会計。
横にコーヒーサーバー(無料)があり、コーヒーを持って外に出ると

Papaberuの2

ガーデンぽい所で焼きたて・揚げたてのパンを楽しむことができる。
で、カレーパン(150円)。

Papaberuの3

見た目はいたって普通。中には

Papaberuの4

茶褐色のルーと角切りの牛肉が。
揚げたてなので当然おいしいんだけど、150円は少し高いかなあ。

Papaberuの5

残りは家に帰って食べた。どれも飛び抜けたものではないが、比較的あっさりして食べやすい。
焼きたてをコーヒーと一緒に店の外で食べて併せ一本、という感じかも。

ところでこの店、営業時間が7:00?19:00と結構長い。その間ずーっとパンを焼き続け、売り続けてるのだろうか。厨房の奥ではちょっとした人数のスタッフがパンを焼いたり運んだりと動き回っていて、ちょっとした工場のようでもありました。

朝も昼もパン

.16 2007 パン comment(3) trackback(0)
ラパンのパン


昼過ぎ、前の住まいの近所にある自家製パン屋(カフェスペースも有)、「元気工房・ラパン」へ。

店を探す際「軽四の名前…」と覚えて行くと近くにある喫茶店「コペン」と間違える恐れがある。
「スズキの軽」と覚えるが吉(^ー^* )
時間が合わなかったのかあまりパンの種類がなかったが、
くるみちゃん・玄米めしパン・マドレーヌ・チーズマフィン(以上、写真右上から時計周りに)
の四点を購入。500円でおつりが来た。

玄米めしパン(158円)は、しっかりした歯応えの中にほのかな甘み。
みしみし食いちぎりながら食べるとおいしい、この店のお気に入り。

くるみちゃん(126円)はオーソドックスなくるみパン。これまたハード系。
噛み続けたせいかこの辺で結構お腹が満たされてくる。

マドレーヌ(105円)はしっとりとして心持ち甘め……もしかしたら相対的に甘く感じたのかも。
結局チーズマフィン(95円)はお持ち帰りになった。

住宅街で地道に営業を続けているパン屋さんというのは有難いものだ。職人というより技術者みたいな雰囲気のご主人も良い。某レストランのオーナーに手広くやる話を持ちかけられたが断った云々という話を以前耳にしたが、正解だったのでは。
このまま店が続いて行くことを祈る。
 HOME 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。