お食事処時代屋

.15 2009 寿司/和食 comment(3) trackback(0)
上道北方にあった「手打ちうどん時代屋」が改装工事にかかって以来
毎日のように店の前を通りながら再開を心待ちにしていた

「3月10日に始めるらしい」との情報を聞き、仕事を早めに切り上げて
帰りに寄ろうかと思ったが、午後3時までの営業に変わったらしい
仕方なく土曜日まで待った

jidaiya001.jpg

竹久夢二風の日本髪の女性の画と灯籠はそのままだったが
「うどん」の文字が消え、「手作りおむすび」の幕が下がっている
入口の横には「本日の日替わり定食」のボードが
そこにもうどんのメニューはない

中へ入ると初老の紳士が店の男性と話をしている
「うどんは、やっとらんのかな」
「はい、おむすびの店になったもので……」
「ここは、時代屋なんじゃろ?」
「時代屋は時代屋なんですが、店の者が変わったんです」
男性は釈然としない表情のまま店を出て行った

代わりに空いた席に通される
店内は以前の面影を残しつつも、こだわり野菜を売っていたり
植物を並べていたりとずいぶん様子が変わっていた

メニューに目を通す
おむすび定食……日替わり定食……ヘルシー牛丼
確かに「うどん」の文字がどこにもない


jidaiya003.jpg

おむすび定食
おむすびに味噌汁と漬物、切り干し大根の炊いたの


jidaiya004.jpg

おむすびは、梅・昆布・鮭・かやくの中から2つ選ぶ

なんか、ヘルシーというか慎ましやかなメニューだわ
さすがに物足りなかったのでおむすびを1個追加したが
それでもあっという間に食事終了
うーん、この満たされなさは何だ

jidaiya0.jpg

要は代替わりを機に店の内容を
一新したということなのだろう
たぶん、店を切り盛りする若い男女は
今どきの自然派云々がやりたいのだろう


jidaiya002.jpg

恐らく前の残りであろう箸袋に書かれた
「本手打ちうどん」の文字が哀しい
あのうどんが、たべたい。できれば丼も

店が落ち着いてからで良いから
ひとつ検討してはくれないものか



●お食事処時代屋 086-279-6346


関連記事
スポンサーサイト

win-twins
初老の紳士ではないけど 時代屋はあくまで時代屋なんですが…わたしにとっても
それにしても いつの間に時代屋は 田んぼでお米 畑で作物を作っていたのでしょうね?
2009.03.15 12:45
Paul
> win さん
中途半端に嘗ての面影を引きずっているのが、余計な誤解を招くのだと思います(もちろん以前の客を狙ってのことでしょうけど、リピーターは少ないのではないかと)。
おむすびに特にこだわりが感じられなかったのも残念です。
2009.03.16 23:39
のう天気
はじめまして
趣味のみで福島県一の焼酎屋を営んでいます。
宜しくお願いします。
お互い頑張りましょうヾ(=^▽^=)ノ
http://noutenki.ebb.jp/
2009.03.17 23:08

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://5han9.blog93.fc2.com/tb.php/197-3a480ba2