「ぶり」がつくカツ丼。

.26 2007 洋食 comment(0) trackback(0)
倉田のいんでいら。何年か前にバイパスを挟んで南に移転してから、行くのは始めて。
ランチタイムの喧噪が去った店内はガランとしていた。

いんでいら倉田1

↑洋風かつどんぶり(780円)。
メニューの説明によると「生パン粉のソフトに揚げたとんかつに当店特性ブラウンソースをかけました」とのこと(原文ママ)。付け合わせのサラダはおなじみのコールスロー。

いんでいら倉田2

食べてみるとたしかにデミソースではなく、そういう意味ではいわゆる「デミカツ丼」ではないなあ。ただ、わざわざ区別するほどの違いではないのかも。トンカツが衣も肉の厚みもお上品で、丼ものに求められるボリューム感はやや不足。
たしか以前は平皿に持っていたはず……あっちの方がより「洋風かつどんぶり」ぽかったな。

場所はこの辺
関連記事
スポンサーサイト

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://5han9.blog93.fc2.com/tb.php/29-f4386748