スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

或る日の昼餉(どげん屋)

.21 2011 めん・麺 comment(2) trackback(0)
dogen01.jpg

この看板を見て、店に入るのを一瞬躊躇ったのは事実w

dogen02.jpg

南区泉田・「浅月」の隣に5月末オープンした「どげん屋」
岡山ではたぶん初めての久留米ラーメンの店


dogen03.jpg

初回なので素直に久留米ラーメン(580円)
最初から最後まで何も入れずにいただく


dogen05.jpg

大盛り(+100円)という選択もあったが替え玉(+100円)で
最初の中細麺に対してこちらは極細麺
硬さは普通


dogen04.jpg

「名物」というタルカツ丼のセット(+300円)
梶屋のエビ丼のエビフライがチキンカツになったといえば分かり易いか
大きな丼ではないので飽きが来ることはなかった


食べ終えたスープの表面に膜が張ることもなく、かといって物足りなさもなく
適度な価格設定と相俟って一定の人気を得るのではないかと思う

この次はデミカツ丼を・・・



●くるめラーメンどげん屋 岡山市南区泉田324-5/086-244-0035
関連記事
スポンサーサイト

ossyan
可も無く不可も無く本当に良い出来なんですよね
贅沢は言わないがワシ的には後若干の中毒性が欲しいが
そうなると可も無く不可も無くじゃダメなんよね ジレンマ
2011.07.21 08:16
Paul
> ossyanさん
中庸を行く、というのもときには良いのではないかと思います。
最近のラーメンは自己主張の強いものばかりですし。。。
2011.07.21 23:23

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://5han9.blog93.fc2.com/tb.php/410-39d9027b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。