土用の丑の日

.22 2011 めん・麺 comment(2) trackback(0)
ushi.jpg

近き頃、寒中丑の日にべにをはき、土用ニ入、うしの日にうなぎを食す。
寒暑とも、家ごとになす。安永・天明の頃よりはじまるべし。 (「明和誌」)




毎年この時期になると鰻についての話題が世間をにぎわすが、元は土用の丑の日に
「う」の字が付くものを食べると夏負けしない、という民間伝承のが始まりの様で
今年みたく高値のうえ、魚に若干のためらいを感じる状況では鰻にこだわることはないかと……


kameya07x2.jpg

ならばと「う」を求め訪れたのは、再開後も盛況の続く「かめや」


kameya07x3.jpg

暑かったが、かけ中で


kameya07x5.jpg

柚子胡椒をひとつまみ


kameya07x6.jpg

にゅ~~ん♪
爽やかな大人の辛さ


kameya07x9b.jpg

「う」つながりで梅のおむすびも


kameya07x7.jpg

ごちそうさまでした
今年の夏も無事過ごせそう


kameya07x9c.jpg

一方、娘の弁当はくどいぐらい「う」尽くしにしてみた
夏負けなどどこ吹く風だが……



●セルフうどんかめや 岡山市北区今8-16-33/086-243-3133







関連記事
スポンサーサイト

ossyan
Paulさん
すてきな記事をありがとうございます

チャッチャチャチャッチャ チャッチャチャチャッチャ
チャチャチャ ~うっ 
なんて書きませんから 末永うよろしくお願いします
~うっ
2011.07.22 20:33
Paul
> ossyanさん
「うなせん」の特上大盛りで記事が書けたら良かったんですけど・・・ちょっと手を出しかねました
"~"って鰻っぽいですね♪
2011.07.22 22:05

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://5han9.blog93.fc2.com/tb.php/411-57eb173d