スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

或る日の昼餉

.07 2016 お肉 comment(0) trackback(0)
js111.jpg

何度見てもタタキに見える

js102.jpg

或る日の午後
前から気になっていた焼肉店へ
一人焼肉に使い勝手が良いカウンターと座敷席


js109.jpg

とりあえず大皿三種盛りと奈義牛のレアステーキを
ランチセットで注文


js105.jpg

お得な大皿三種盛り
カルビ、ハラミ、上ホルモン


js108.jpg

バイトらしき店員がタレと小鉢を持ってきた


js106.jpg

ご飯がないが、先に始めるか


js107.jpg

焼けてきた
ご飯来ないかな


js110.jpg  js116.jpg

「お待たせしました」
と熟成奈義牛サーロインのレアステーキ

ご飯はまだか
ご飯ご飯


js112.jpg

肉が運ばれてから10分がとうに過ぎている
もはや限界

「すみません、ご飯がまだなんですけど」
「ああ、ランチセットですね」

「焼き肉といったら白い飯だろうが」
ゴローの台詞をぐっと呑込む


js113.jpg

白飯と共にスープが運ばれ
ようやくセッティング完了


js114.jpg  js115.jpg

その後オンザライスなどしながら食べはしたものの
モチベーションが上がらず


js103.jpg  js104.jpg

写真と実際の商品が違いすぎるとか
そんなことばかり気になって
追加注文もせず終了


js118.jpg

偶々の不幸だったのだろうが
こういうことがあると
再訪を期して店の前まで来ても
臆して向かいの蕎麦屋に入ってしまう予感





関連記事
スポンサーサイト

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://5han9.blog93.fc2.com/tb.php/899-67085ca6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。