スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年始は九州へ。(その2)

.12 2008 買ってきた comment(3) trackback(0)
hiranoya01.jpg

お節じゃないものが食べたいなあと天神をぶらついていたら、
デパ地下で「平野屋」の鯖寿司を見つけた。

hiranoya02.jpg

青魚には目が無いもので。
長崎の五島の鯖を使った寿司ということで、期待大。

hiranoya03.jpg

手前がノーマルの鯖寿司、向こうは焼き鯖寿司。
焼き鯖寿司の方には鯖と酢飯の間にガリと椎茸を甘辛く煮たのが挟んである。

hiranoya04.jpg

鯖が肉厚でおいしい。焼き鯖の方は間に挟んだ具が少々主張しすぎてるかも。
ひとつ難点を挙げれば、寿司を丸ごとラップで包んでから切っているので、
一々はがして食べるのが面倒。まあ、たいしたことではないけれど。

「平翠軒」においしそうな焼鯖寿司が売っているのだなあ……こんど買って来よう。
関連記事
スポンサーサイト

kawarayasan
確かに鯖寿司はあった気がします
私も結構好きなほうですが、なんせ酒のあてが
ぼっけえあるんで 鯖寿司までは買えません
でした。
2008.01.17 16:27
斉藤
鯖と言えば九州の居酒屋とかによくある”ごま鯖”が食べたいなぁ。自分で作れってな。ははは。
2008.01.17 18:32
Paul
> kawarayasan さん
レジ横に売っているんですよ……、焼鯖寿司。
私も他の物を既に幾つも抱えてレジに向かうので、どうしても買いそびれてしまうんです。

> 斉藤くん
ごま鯖は活きのいい鯖が手に入ればできるんじゃないかなあ……ぜひ会得して店のメニューに♪
2008.01.21 01:50

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://5han9.blog93.fc2.com/tb.php/98-8128887a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。